一般向けコンテンツ
New
安心できる終活サポート カウンセリングのご案内

お知らせ

成長願って七五三

五歳の男の子、三歳・七歳の女の子が、11月15日に晴れ着を着て氏神様をお祀りする神社にてお祓いをします。地域によっては年齢を区別しないところもあるようです。子供の健康や成長を願う儀式ですが、もともとは平安時代の公家が、子供の成長の節目に行うものでした。当時は年齢によって髪型や衣服の種類が決められており、通過儀礼の儀式は重要なものとされていました。まず、三歳では男女共におかっぱ頭から結髪をし、五歳では初めて男の子に袴を着せ、七歳では女の子がそれまで帯のかわりに絞めていた紐を解き、始めて帯を締める行事が行われており、それぞれが七五三の原型になったと言われています。また、かつては子供の死亡率が高く七歳まで成長することは稀であったため、七歳まで成長した子供を氏神様に見せて感謝するという意味合いもあったようです。

彼岸と此岸が結ばれる…

彼岸とは、春分の日秋分の日を挟んだ前後一週間に先祖の供養やお墓参りをするもの
ですが、インドなど他の仏教国にはない日本独自の行事です。
仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、私たちがいる迷いや
煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。
彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と
春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったと言われていま
す。
春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する
気持ちにも繋がっているこの時期、ご供養を欠かさないようにしたいものです。

秋の七草(10月上旬~中旬)

ハギ・ススキ・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウを秋の七草と呼びます。春の七草は、正月7日におかゆに入れて無病息災を願うことで良く知られていますが、秋の七草は昔から鑑賞用として親しまれて来ました。特に古来は宮廷人たちが秋の野を散策し、和歌や俳句にして楽しんでいたようです。万葉集にて山上憶良が、「秋の野に 咲きたる花を 指折りかき数ふれば 七種(ななくさ)の花 萩の花 尾花葛花撫子(ナデシコ)の花 女郎花(オミナエシ) また藤袴 朝貌(アサガオ)の花」と詠んでいます。ちなみに昔は七草のススキを尾花、キキョウをアサガオと呼んでいたようです。 

みんなで恵比寿講

関西・四国・九州などで盛んに行われている、恵比寿様の御祭りです。同業者や地域の人が「講」という団体を作り、毎月祭りの為の資金を積み立てていたことから名づけられました。毎年1月と10月の20日に行われますが、地域によっては他の日に行うところもあるようです。日本に馴染み深い七福神は中国やインド出身の神様ですが、恵比寿様だけは日本に起源がある神道の神様です。もともとは漁民に信仰されていましたが、のちに農村でもかまどや田畑の神として篤く信仰されて来ました。現代では商売繁盛や家内安全、無病息災にも御利益があると言われています。この日は、さまざまな催しが行われますが、繁盛をもたらす笹の飾り物が飛ぶように売れるほか、鯛や鮒を食べるしきたりも残っているようです。

お盆の由来…地獄の母を救いたい!

7月13日~15日頃の先祖供養の時期をお盆といい、先祖の霊が家に戻って来るとされています。このお盆は仏教の盂蘭盆(うらぼん)と日本の先祖祀りの風習が融合したものですが、もともとはサンスクリット語の「ウランバーナ」が語源なのだそうです。そのウランバーナの意味は、何と「逆さ吊りの苦しみ」。母親が地獄に落ち、逆さ吊りにされているのを知った釈迦の弟子である目蓮(もくれん)が、母を救う為には今で言うお盆の時期に僧に供養してもらうようにと釈迦から諭されたという話に由来します。その後、手厚く供養された目蓮の母は、極楽浄土へ行く事が出来たことが、お盆の行事に繋がったとされています。意外にも仏教発祥のインドや中国に、このような風習は無いようです。

お団子でお月見

旧暦の8月15日、現在の9月18日前後の満月は、一年で最も明るく美しいと昔から愛されて来ました。お月見の風習は唐時代の中国に始まり、平安時代に日本へ伝わったとされています。当時は貴族階級の楽しみでしたが、収穫祭に時期が重なった事もあり、豊作を願う農村や一般庶民にも広がりました。
お供え物は、秋の収穫物の里芋などが主流だったようですが、現代ではススキを飾り、月見団子や栗・薩摩芋・里芋などをお供えするのがしきたりとなっているようです。

土用でご機嫌よう

1年の中でも最も暑さの厳しいとされる、立秋前の十八日間の「土用」に鰻を食べる習慣は江戸時代に始まりました。
江戸時代の蘭学者・平賀源内が、鰻屋に宣伝を頼まれ「今日は丑の日」という看板を出したという話は良く知られています。他にも、丑の日に薬草湯に入ったり、お灸をすえたり、丑の日にちなんだ「ウ」の付く食べ物(ウリ・梅干し・鰻)を摂ると夏バテに効くとされていたようです。

七夕祭り…棚機つ女とは?

7月7日に牽牛(けんぎゅう)と織女(しゅくじょ)が1年に1晩だけ再開できるという物語は、中国から伝わりましたが、これに日本古来の「棚機つ女(たなばたつめ)」の信仰が加えられたのが現在の七夕祭りです。
「棚機つ女」とは、村の機織り娘のこと。この娘が村の災厄を取り除いてもらう為に、常世の国から降りてくる神様の一夜妻になったのだそうです。奈良時代に伝わった中国の伝説に日本古来の「棚機つ女」信仰が重なり、七夕祭りが広がりました。
七夕祭りで使った飾りや人形などを海や川に流して穢れを祓う「七夕送り」が行われる地域もありますが、これも棚機つ女の信仰が基になっているようです。

夏越の祓…くぐると寿命が延びる?!

6月の晦日(30日)に、神社に据えられた大きな茅の輪(ちのわ)をくぐり、心身の罪や穢れを祓い清める神事が「夏越の祓」(なごしのはらえ)です。奈良時代に始まった宮中行事で、日本最古の宗教儀礼とも言われています。「茅」は「ちがや」という鋭利な葉を持っている植物で、古人がこの葉により身や心についた汚れをそぎ落とそうと考えたのが、儀礼の始まりのようです。茅の輪を左回り→右回り→左回りの順に八の字を描くように三度くぐり抜けると、穢れが祓われ寿命が延びるとされています。

衣替え…クリーニングは要注意?!

6月1日に会社や学校で制服の衣替えが行われる所がありますが、これは日本が和装だった昔に、裏地を付けた袷(あわせ)から裏地を付けていない単衣(ひとえ)に着替えたことのなごりだと言われています。
衣替えは元々平安時代の宮中行事が始まりで、その頃は4月1日と10月1日に服装を替えると縁起が良く、厄払い出来ると考えられていたようです。江戸時代には民間にも風習が広まり、幕府が年間4回もの衣替えを定めていたとの記録が残っています。
 さて、この時期には冬物のコートやスーツなどをクリーニングに出す方も多いと思います。お店の方に伺ったのですが、衣替えの頃はクリーニングの工場も大忙しで、どうしても普段通りの丁寧な仕事が出来ないとか。出来れば少し時期を遅らせると、繁忙期よりも仕上がりが良いそうですよ。

端午の節句…人気の武将の兜は?

5月5日に行われる端午の節句では、鯉のぼりや武者人形・兜を飾り、ちまきや柏餅を食べて男の子の元気な成長を祈願しますが、これは中国の病気や災難を払う「重五(ちょうご)の節句」が起源と言われています。平安時代、宮中で矢を射たり競馬などの行事が行われるようになり、ショウブが武事を尊ぶ「尚武」や「勝負」を連想させることから、男の子がショウブで作った兜で遊ぶようになり、江戸時代には武家の男の子の出世祈願の日と考えられるようになりました。武者人形を飾ったり、武士の旗指しものや吹き流しが基となった鯉のぼりを飾るようになったのもこの頃からと言われています。
 さて、最近は場所を取らないコンパクトな鎧や兜を飾るお宅が増えているようです。鎧兜の一番人気は仙台藩主の伊達政宗だそうで、兜正面の三日月型の前立て飾りが「ナイキみたいでかっこいい!」と子供にも好評だとか。他には上杉謙信(伊達政宗のようにナイキのマークのような日月前立て飾り)、直江兼続(愛の字をモチーフにし
たもの)、大河ドラマで注目の真田幸村(鹿の角をデザイン)も人気を集めているようです。

花祭り…甘茶を注ぐ理由

花祭りはお釈迦様の誕生日である4月8日を祝うお祭りで、インドで始まり奈良時代に日本へ伝わって来たと言われています。
明治時代末まで灌仏会(かんぶつえ)・仏生会(ぶっしょうえ)と呼ばれていました。この日は、多くのお寺が沢山の花で飾り付けた小堂を作り、中央にお釈迦様の立像を置きます。参詣者はその像に柄杓ですくった甘茶を3回かけるという習わしがあります。お釈迦様は右手で天を左手で地を差していますが、これはお釈迦様が生まれた時に立ち上がって同じポーズを取り「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言ったという故事に基づいています。そのあと龍が現れ、天から花と甘露の雨を降らせたそうですが、釈迦像の頭から注ぐ甘茶や花で飾られた小堂はこの誕生秘話を再現したものなのだそうです。

雛祭り…片付けベストな日は?

厄を払う為に身代わりの人形を川に流した「流し雛」が雛祭りの始まりだったそうです。雛人形が贅を尽くした高級品になるにつれて、人形を流す風習は廃れ、飾るものに変化していきました。また、婚礼の様子を模したひな人形を娘の結婚になぞらえて、
早く飾り出すと「早く嫁に出す」、早くしまうほど「早く片付く(嫁に行く)」と考えられており、春分(3月21日ごろ)までには片付けると良いと言われています。
昔も今も、娘の健やかな成長を願い、早くお雛様のような幸せな結婚ができるようにと願う親心は変わりませんね。

お疲れ様で針供養

針の供養は江戸時代から、針の労をねぎらい裁縫上達を祈る祭りとして広まったそう
です。いつも固いものばかり刺している為、折れたり曲がったりして使えなくなった
針を、蒟蒻や豆腐などの柔らかいものに刺して休ませ、供養します。
九州・関西地方では2月8日に、関東地方では12月8日に行われる事が多いようで、
この日は針仕事をお休みし、日頃お世話になっている針に感謝を捧げたようです。
今では馴染みの薄い行事になりましたが、服飾に携わる方々の間では重要な儀式とし
て現在も続けられています。

節分…豆まき不要の家がある!?

節分は、中国から伝わった疫病や災害をもたらす鬼を祓う儀式に由来しています。
鬼祓いに豆が使われるのは、鞍馬山の鬼退治の際に毘沙門天(びしゃもんてん)が
「目に豆をぶつけるといい。」とアドバイスしたという伝説から来ているそうです。
毎年、大相撲力士やNHK大河ドラマの出演者が豆をまくことで有名な成田山新勝寺で
は鬼を悪者としないため「鬼は外」とは言わず、「福は内」とだけ叫ぶようです。
 さて、節分に豆まきの必要が無い家があるのをご存知でしょうか?
全国の「ワタナベさん」は、鬼が寄りつかないので豆まきをしなくても良いそうです。
平安時代に渡辺綱(わたなべつな)という勇猛な武将が居り鬼を退治したそうですが、
あまりにも強過ぎたために鬼が恐れ、その後は渡辺(渡部・渡邊などどんな表記でも)という姓の子孫には決して近づかないのだとか。ワタナベさんは成田山と同じく「福はうち」と、福を呼び込むだけで良さそうですね。

鏡開き…お餅を頂く際のタブーとは?

なぜお正月に鏡餅をお供えするのでしょうか。
昔、お餅は高級品であったため、神様への感謝の気持ちを込めて供え物として捧げたのが始まりだそうです。そのお餅を1月11日に、煮たり焼いたりして食べることを鏡開きと言います。数日間供えた固い餅は、神様からのお下がりとして有り難く頂きましょう。さて、鏡開きはもともと武士の風習だった事から、刃物で切ることは切腹を連想させるため厳禁なのだそうです。お餅は木槌や手で割るか、真空パックのものなら一度水にくぐらせてレンジで柔らかくすると良いようです。

お屠蘇…手作りしませんか?

無病息災を願い、お正月に日本酒を頂くのが「お屠蘇」と思われがちですが、
日本酒に山椒・陳皮・桔梗・赤小豆などを調合した「屠蘇散」という漢方薬
加えて頂くのが本来の姿のようです。
「屠蘇」の字には死んだ者も生き返るという意味があることから、厄払いや
病気をしないようにとの願いを込めて、新年に飲む風習が定着したと言われています。
「屠蘇散」は薬局でも販売しており、お酒を加えて手軽に作る事が出来ます。

七草粥…ビタミン不足も補える

春の七草、セリ・ナズナ(ペンペングサ)・ゴギョウ・ハコベラ(ニワトリグサ)・ホトケノザ・スズナ
(カブ)・スズシロ(ダイコン)を入れた粥を1月7日に頂いて、1年間の無病息災を願いましょう。
お節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるようです。
平安時代の『皇大神宮儀式帳』にも七草がゆの記述があり、もともとは宮中儀式の1つとして始まったと伝えられています。

新年明けましておめでとうございます

初日の出と共に年神様(としがみさま)が降臨されると
伝えられているお正月、皆様は年神様をお迎えされました
でしょうか?
年神様は文字通り新年の神様で、一年の幸福を運んで来て
下さいます。
元々お正月の三が日に囲む「お節料理」はお迎えする年神様に供えるための料理でした。

~さて、皆様の初夢は如何でしたか?

一.富士 二.鷹 三.茄子はおめでたい初夢として有名ですがその後も四.錦 五.煙草・・と続くそうです。
これはいずれも駿河の名物で、当時天下人だった徳川家康にあやかりたいという庶民の願望が生んだものと言われています。

年末に向けて・・・

神棚や仏壇のお札の引き継ぎはどうされていますか?

まずは神棚や仏壇の煤払いをしましょう!

出来れば12月27日までに神棚や仏壇の煤払いをして、神社や寺院から頂いた新年のお札を12月28日までに神棚や仏壇にお納めしましょう。
今年のお札は新年を迎えてから、お正月のお飾りなど共に、神社や寺院の
古札納所へお返しお焚き上げを致します。

新年、歳神様をお迎えするのあたり、玄関に門松を立てて、縁起の良い
お節料理を囲み三が日を過ごしましょう。

平成28年も、皆様にとって幸多かれとご祈念致しております。