一般向けコンテンツ
New
安心できる終活サポート カウンセリングのご案内

ご縁のある神社仏閣

東京大神宮

「東京のお伊勢さま」と呼ばれ親しまれています。
東京都千代田区富士見2-4-1


伊勢両宮(内宮と外宮)と同じく、
天照皇大神様(あまてらすおおみかみ)と
豊受大神様(とようけのおおかみ)をお祀りしています。

天地すべての物を司ると言われる
造化の三神(ぞうかのさんしん)と
倭比賣命様(やまとひめのみこと)が併せて祀られている
ことから、縁結びに多大なご利益のある神社として知られ
ています。最近は雑誌などで取り上げられる事も多く、
参拝の若い女性達が長い列を作っていることも珍しくあり
ません。毎月1日に必ず参拝していますが、女性の熱気にいつも圧倒されています。
東京では代表的なパワースポットとなり、観光客にも人気のようです。


参拝作法
1.入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、左足より境内に入ります。
2.手水舎の水で心身を清めます。このことを「手水をとる」といいます。
3.参道左側を通ってご神前へ進みます。
4.賽銭箱の前に立ったら会釈をし、感謝の気持ちで賽銭箱にお賽銭を入れます。
5.二拝二拍手一拝の作法で拝礼し、会釈をしてから退きます。


手水をとる作法
右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を清めます。
次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口を清めます。
再び水を左手に流します。
最後に残った水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。