一般向けコンテンツ
New
安心できる終活サポート カウンセリングのご案内

お清め

 神事においてのお清めと言えば、神社にてお参りの前に手や口を水ですすぐ「手水」が広く知られていると思います。神様は穢(けが)れを嫌うため、神前においては身体や心を清める必要があるのです。古来より水には霊力があり、身体や心を清めることが出来るとされています。元々は、禊(みそぎ)と呼ばれる修行により、海や川などに身体を浸すことによって、心身を清めていました。伊勢神宮へお参りの経験がある方はご存知だと思いますが参道近くに「五十鈴川」という禊のための川があります。しかし、川で穢れを漱いでからお参りすることは容易ではありません。そこで禊を簡略化したお清めが手水なのです。
 仏事においてのお清めと言えば、お通夜の席で振舞われる食事の「お清め」や、火葬場の「清め酒」、通夜や葬儀から自宅へ戻った際の「清め塩」などが思い浮かびます。ここでもやはり、清めという言葉には「穢れ」を除くという意味がありますが、死は穢れたものであるという考えは偏見や差別に繋がるとの意見も昨今はあるようです。確かに生前親しんで来た人が亡くなった途端に「穢れたもの」として「お清め」が必要だとされるのは腑に落ちないような気がします。
 また、禊やお清めと同様、穢れを取り除く方法にお祓いがあります。神社にて祈願をする際には、神職が大麻(おおぬさ)という白木の棒の先に、細長い白い紙の紙垂(しで)が沢山付いたものを使います。参詣者の頭上で大麻を「左・右・左」と振ることで、穢れを払うことが出来るのです。お清め・お祓いは宗派によって方法が異なります。

 『お問い合わせフォームにてご相談下さい。